2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

 

山元町訪問その2

| コメント(1)
前回は山元町についての心情を綴りましたが、ここでは当日行われた二会場での伊東ミキオさんとのライブの模様や地元の方と凌さんのふれあいのひと時を一気に掲載します!
カレーjpg.jpg
特製カレーを作って下さったスペイン料理店のマスターも
東京から駆けつけて下さいました

駅.jpg
山下駅前に貼られたビラを読む凌さん

サイン.jpg
フラッグにサインを入れる凌さん

【中央公民館でのライブ】
SND_公民館V.jpg
SKT_公民館.jpg
公民館3.jpg



公民館2.jpg 公民館.jpg



セットリスト
1、乾いた花
2、ダディーズ・シューズ
3、HeavyDays
4、我がプレッジ
5、上を向いて歩こう
(アンコール) MOJO WALKIN' Johnny B Goode
ゲスト 池畑潤二、渡辺圭一、相澤大樹(THE YOUTH

【山下駅前でのライブ】
駅前V.jpg
SKT_駅前.jpg
駅前.jpg



駅前2.jpg 駅前3.jpg



駅前5.jpg 駅前6.jpg



セットリスト
1、最果て
2、形見のフォト
3、Just a 16
4、魂焦がして
5、スタンド バイ ミー
(アンコール)MOJO WALKIN' ROUTE66 AFTER'45
( 再アンコール)Johnny B Goode
ゲスト 渡辺圭一、相澤大樹(THE YOUTH)タツミアキラ

MIKIOさん.jpg 打ち上げ.jpg

いつも気さくなミキオさん

ラスト.jpg
夢が実現した打ち上げ〜感動の一本締め!

源さん.jpg 凌さんと源さん.jpg
最初から最後まで涙が止まらなかった'源さん'。

SKT_フラッグ.jpg
その場に居合わせた全員の寄せ書きが入った応援フラッグ。


元々は'源さん'と'ryostaff'さんがTwitter上で震災前からやり取りされていた事がきっかけとなり、そこから様々な偶然(必然)が重なって今回のプロジェクトに繋がりました。

凌さんが常に口にされてる、まさに「全ては縁(えにし)」以外の何ものでもありませんし、勿論これで「完結」でもありません。その証拠に凌さんご自身の中では更なる企画もおありのようです。

まだまだ先の事でしょうが、本当の意味での"復興"に向けて微力ながらお手伝いさせて頂くつもりです。

最後に・・・・・・・"のらボラ万歳!!!"  ←ここに興味を持たれた方は直接'源さんボランティア本部'までお問い合わせを!
宮城県亘理郡山元町JR山下駅前居酒屋源さん跡地

◆ ホームページhttp://izakaya-gensan.seesaa.net/

コメント(1)

以前から素晴らしいHPを拝見させていただいていましたが、今回の山元町でのこと、凌さんとの繋がり、渡邉さんの思いが凝縮された記事を見させていただき、胸が詰まり、なかなかコメントできずにおりました。渡邉さんの想いが詰まった写真、そして、私個人的にもリンクする言葉の数々。
震災をわすれないとか、本当にそれ以前の話ですね。一年以上経っても、実際、被災地はまだまだあの日のままの状態、渡邉さんの写真でよくわかりました。報道の在り方にも私も疑問を抱いていましたが、園児達の用品が泥まみれで残され、火葬場は眠らず、津波が押し寄せさらっていったままの店舗の柱。まだまだいたるところでこうした状態なのだと、渡邉さんの写真によってはっきりと認識しました。
この先も山元町とは長いお付き合いになるだろうという言葉には、渡邉さんの想いが込められていますね。ぜひまた、“真実”を私たちに教えてください。その真実を知ることによって、私たちはどうすべきか、考えることができます。行動がおこせます。よろしくお願いします。